両家の親睦会を楽しもう【家族婚でアットホームな結婚式】

新郎新婦

最低限のマナーを守る

贈り物

結婚をすると、各方面から結婚祝いをいただくことが多いです。たとえば、結婚式には参加できなかった遠方に住んでいる親戚や、体調の関係・仕事の関係で参加できなかった友人等、お祝いをくださる方は様々です。結婚式に参加していただいていれば、引出物等がお返しにあたりますが、参加していただいていない方から結婚祝いをいただいた場合は、別途お返しを考える必要があります。結婚祝いのお返しについては、昔から「半返し」という考えがあり、いただいたお祝いの金額に見合ったものの半額分をお返しするという考え方が基本にあります。いただいた金額に見合っていないお返しをすると、常識がないとみなされてしまう可能性もありますので、基本的には半返しを前提にお返しを考えておくのが無難です。

結婚祝いのお返しの内容については、悩む方がとても多いです。一律に決められているものではないので、基本的には、お祝いをくださった方のことを考えて、何を渡すかを決めるのが良いです。たとえば、仲のよい友人であれば、その人の個性や好みにあったプレゼントを選ぶと喜ばれるでしょう。他方、親戚や職場関係の方でお年を召した方の場合は、物はたくさん持っていることが多いので、お祝いの半額分に見合った金額相当分のギフトカタログをプレゼントした方が喜ばれることも多いです。ギフトカタログは、何を頼むかをその人たちで楽しんで選ぶことができますし、物を増やしたくない人でも、食べ物や食事券等消えてなくなるものを選ぶこともできるので、喜ばれます。