両家の親睦会を楽しもう【家族婚でアットホームな結婚式】

新郎新婦

手作り品でゲストを招待

招待状

今後も人気は高まりそう

従来のスタイルにこだわらず、よりオリジナルの結婚式を選ぶカップルが増えています。そんな中、招待状にも工夫を凝らすことが多くなってきました。人気となっているのは手作りするもので、文面はもちろん、紙や封筒のデザインなど、全て自分たちで行うものです。業者に任せる場合よりコストも安くすむため、予算を抑えたいカップルを中心に今後はますます、人気が高まっていくと予想されます。また、とことんこだわることで、世界に一つしかない招待状にすることができるのも魅力です。既製品にはない、あたたかさや心のこもった雰囲気を出すことができます。招待状を結婚式前の一連の演出の一つと位置付け、オリジナリティを前面に出したものを作るカップルが多くなっていくでしょう。

送付する際にしたい気配り

招待状を送るにあたっては、相手に気持ちが伝わるよう、失礼のないよう、気配りする必要があります。結婚式シーズンでは招待客の中には、様々な結婚式への参加が多くなり、あわただしくなる人もいます。重要なゲストの場合は、招待状を送付する前に、電話であらかじめ連絡しておくと、相手もスケジュールを立てやすくなるでしょう。その場で出欠の確認ができれば、招待状を送る必要もなくなりますので、余計な手間が省けます。また、消印が大安や友引になるよう、送付日を調整しましょう。六曜を気にする人も少なくないので、こうすることで相手に不快感を与えることもなくなります。そして、書き間違えたら、修正液や修正テープは使わないことです。せっかくの手作り招待状の雰囲気を壊してしまうことにもつながりますので、一文字でも一から書き直すことをおすすめします。